カンボジア 技能実習生送り出し事業

カンボジアから日本へ人材を送り出しする機関が存在していることをご存知でしょうか。


趣旨はカンボジアから技能実習生・研修生として、日本へ人材を送り出しをすることで、両国の架け橋とするということです。

日本では不足している次世代の人材として送り出しを受けた人材を育成し、カンボジアではより優良な技能を身につけた人材として将来母国の発展に貢献できる人材として研修生の送り出しをするのです。
二つの国には、ギブアンドテイクの関係が築かれています。

少子化に喘ぐ日本では、労働人口の減少は急ピッチで進んでおり、人口の逆ピラミッドが重くのしかかってきています。

高齢者を支えるために一刻も早い働き手の確保が必要なのです。

珍しいカンボジアの送り出しについての情報です。

日本とはまったく逆でカンボジアでは生産人口が増加してJapanqualityの魅力が高まっています。
日本の技術を学びたいという若者が増えているのです。

こうした日本の企業と、カンボジアの若者を繋ぐのが、外国人技能実習生送り出し事業を行う団体や企業です。



外国人研修生制度とは、開発途上国への国際貢献と国際協力を目的として、日本の技術・技能・知識を習得を支援する制度です。

教育は未来を担う青年に機会を与え、期待通りに成長を遂げたのち、両国の相互利益に寄与することが希求されているのです。



彼らが日本へ来て研修を受けることで、技術を手に入れた後、日本の社会風土に馴染み、定着してくれるのかが一つの鍵となってきます。
期待に添える結果が双方にとって望まれています。