カンボジアからの人材派遣の意味

近年の日本では、少子化や高齢化社会は大変大きな問題で労働人口が減少し続けています。


日本の産業や経済ではこの様な厳しい時代になった今、外国人の労働力の活用が選択肢の1つとして重要です。
その様な中で、カンボジアから労働者を人材派遣という形で日本へ送り出す事で、お互いの国にとってメリットになっています。

カンボジア王国は、タイ・ベトナム・ラオスと国境を接していて国土は日本の半分程度で、人口は1500万人程です。

本当のカンボジアの人材派遣のホームページをチェックしましょう。

その内の約8割が農民という農業国家でもあります。
しかし、近年の経済と産業の発展は目覚ましく過去10年間の平均経済成長率が9.3%と高い成長率です。



そして人口の65%が20歳以下という人口構成は、国の将来にとても明るい事です。


担い手は多くいても、技術や知識を持つ人材が不足しているのも確かで国の発展の為には、先進国の進んだ技能を学ぶ必要があります。
そこで、海外への人材派遣という形で先進国の技能と知識を習得するプロジェクトが遂行しています。

カンボジアにとって日本は最大の支援国家であり、日本企業が多く進出し日本製品が溢れています。

また、親日派の方が多く日本への憧れを持っている方も大勢います。
また、日本と同じく熱心な仏教徒で年上を敬い、感謝の気持ちを忘れない部分は日本人に似ています。



カンボジア人は非常に勤勉で技能の習得も早く、日本人の従業員にも良い影響を与え企業にも多くのメリットがあります。人材派遣により成績が向上した企業もあり、日本とカンボジアの両国にとって必要なものとなっています。