カンボジアからの人材送り出し

近年、カンボジアは目覚ましい経済成長によって近代化が進んでいます。

カンボジアの送り出し全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

しかし、国の更なる発展の為には現状として限界があり、次世代の人材を育成する事が急務となっています。

国土は、日本の半分程度で人口が約1500万人いますが8割が農民です。
そして65%が20歳以下という人口構成なので、国の発展には期待が出来る一方で貧困の差が非常に激しい国でもあります。

最大の都市であるプノンペンには近年多くの人が集まり、その人気も高くそこに溢れる日本製品の質の高さにも関心が寄せられています。


カンボジア国内には、日本企業も多く進出し親日派が多く居て日本の技術を学びたいと思っている方や、日本で働きたいと願う方が多く存在します。



日本では以前からカンボジアに対して送り出し教育を行っており、現地で研修生として教育し選ばれた者だけが日本へ送り出しされ実際の企業で働く事が出来ます。
日本で学んだ知識や経験そして技能は母国に戻った際に、大きな力となって国の発展に貢献する事になります。


日本へ送り出しされる研修生は、誰でも良い訳でなく選抜の基準は厳しいものです。
日本語の授業は特に難しく大変ですが、技能や知識を習得する為にもコミュニケーション能力が重要な事です。



カンボジアは日本と同じ熱心な仏教徒で勤勉且つ真面目な性格は、技能習得に大きく役立っており日本人従業員にとっても刺激となっています。それは企業の成績の向上にも繋がり、日本とカンボジア両国にとってメリットが多い事です。